kyanasanの日記

北関東の農村・4世代同居で子育て中

補欠の生徒も、大会のお供に連れて行く!? 中学校の部活へのギモン。

今日は、

長男が所属する部活の県大会です。

 

長男は水泳部に所属してますが、

顧問の先生が

「朝練しない!

1日練習しない!」

を宣言していて、

 

運動部顧問にしては

ユルいというか

ゆとりある活動を心がけてくれているので

ウチの中学の運動部の中では

圧倒的に練習量が少ないです。

 

ウチの部は遠征もあまりないし。

お金もそんなにかからない。

水泳なんて

水着さえあればできるので、

家計に優しい部活。

 

ちなみに、

本日開催の県大会、

息子は予選落ちしたため、

当然のことですが

大会に出られないそうな。

 

だけど、

今日は一日

学校を休んで、

会場で(出場メンバーの)

応援をしなければいけないらしいよ。

 

ちなみに

大会時間は9時から4時まで。

9時から4時まで、

「がんばれ~」と

応援しっぱなしの一日・・・

 

これって、

時間の無駄じゃね?

 

運動部って、

補欠の子も

なぜか大会に連れて行くよね。

甲子園なんて、

ベンチのほとんどが

補欠の子なわけでしょ?

 

大会に出場するなら

会場までの交通費なんて

親はナンボでも出せるけど、

「がんばれー」って

応援するためだけに

交通費出すのって

ちょっと気が引ける・・・

 

ちなみに

ウチの中学のテニス部は

部員のうち2名が出る関東大会に

残りの部員(要は予選落ちの生徒たち)全員で

バス2台で、

県外まで応援にいったそうな。

テニス部のママが

「他の子の応援するだけのために、

交通費で4000円飛んでった」

と嘆いておりましたよ。

 

せめて、

予選落ちの子どもは

大会に応援に行かせず、

学校で授業受けさせてくれりゃいいのに・・・

そっちの方がよっぽど良い

時間の活用法。

 

部活の顧問としては、

「部員全員で応援することで、団結が深まる」

ってことなのかもしれないけど。

 

日本の運動部ってなんかヘンじゃない?

「One for all All for one」の

意味のはき違えというか。

 

 

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う

 
部活があぶない (講談社現代新書)

部活があぶない (講談社現代新書)

 
そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義

そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義