読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kyanasanの日記

北関東の農村・4世代同居で子育て中

小規模小学校を卒業させた話

長男が3月17日に、小学校を卒業しました。

もう一か月以上経ってしまいましたが。

 

一学年20数人で6年間を過ごしました。

 

6年間を同じメンバーで過ごしたためか、子供達はとっても仲良しで、

親同士も、6年間交流をしていくなかで、全員が知り合い同士になっていきます。

 

子供達全員が地元の公立中学校に進学しますが、進学先は一学年200人弱いますので、入学したら同じ学校の友達とはクラスが離れてしまうわけです。

 

卒業の時期にそのことを考えたら、

もう、さみしくてさみしくて。

もうこの20数人のメンバーで集まることは少なくなるのね・・・と思うと、泣けてきてしまいました。

 

卒業式当日

小規模校なので、全校児童が出席します。

6年間の学校生活を思い出し、

式典中から卒業生も保護者もウルウル。

 

式典中に中学校の制服の袖で目を抑える卒業生や

全校生によるお見送りの時に、泣きながら1年生に話しかける卒業生。

涙、涙の卒業式でした。

 

そして、卒業式の後、

まさかの燃え尽き症候群になってしまいました(私が)

子どもが無事に卒業できた!という喜びを通り越して、

親子でいろいろあった6年間の思い出が走馬灯のように駆け巡り・・・

(主に私はPTA役員とか育成会役員とか・・・なんせ人手がいないため、6年間やりましたからね)

 

「これで小学校(および小学校の役員)から解放される!!!」と、

ホッとしたのはいいけども、

ホッとしすぎてしまい、

まさかの燃え尽き症候群になっちゃいました!

 

もうね、1週間くらいボンヤリしてしまいました。

意外とこういう親は多いみたいですね。

母親の燃え尽き症候群を「空の巣症候群」とも呼ぶみたいです。

 

matome.naver.jp

 

(私は良き母ではないですが)